夕陽にいちばん近い宿で
佐渡の美に出逢える極上旅

ホテル吾妻の前身、料亭「阿づ満」は、大正十四(1925)年、金山の町、旧佐渡郡相川町羽田で生まれました。佐渡北部山系中最も西に位置することから「夕陽にいちばん近い宿」として親しまれ、お風呂やお部屋から望む七浦海岸に入りゆく夕陽はまさに絶景。7000坪の芝庭園には俳人山口誓子氏の逗留句碑、岩塚古墳、また海岸までの散策遊歩道「夕映えの小径」があり、風情をも楽しめます。

料理屋として出発した伝統に根ざし,名うての調理陣が恵みの佐渡の美味をご提供いたします。夕食後はロビーで、郷土芸能ショーを上演、佐渡おけさの手ほどきもありますのでふるってご参加下さい。絶景を貸し切る露天風呂や客室に露天風呂が付いている高級客室「初音(はつね)」「銀波(ぎんぱ)」も好評、ホテル吾妻は海辺の高台にある上質な幸せを感じるリゾート宿です。

基本情報

名称 ホテル吾妻
TEL 0259-74-0001
住所 〒952-1646
新潟県佐渡市相川大浦548-1
地図
交通アクセスについて 
駐車場 40台
ご宿泊 全57室
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
部屋タイプ 定員 部屋数
スタンダードダブル 2名 44
スタンダードダブルツイン 2名 17
デラックスツイン(本館) 2名 4
デラックスツイン 3名 14
ファミリールーム 3名 1
ファミリールーム 4名 1
運営 サンフロンティア佐渡株式会社