緑の夕べ・その57「ザ・ジプシー」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2015(平成27)年8月18日(火),ブルーグラスバンド「ザ・ジプシー」が今夏最後のステージングを披露してくれました.

今年100年目を迎えた全国高校野球選手権甲子園大会,清宮クン擁する早実がファンの期待に応え準決勝進出を決めました.甲子園のスタンドで応援歌としてよく聞かれるラテンの名曲「エル・クンバンチェロ」をジプシーがブルーグラス・アレンジでお届けします.

★The Gypsy – “El Cumbanchero”

緑の夕べ・その56「KCサイトウ」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2015(平成27)年8月13日(木)に登場はお馴染みKCサイトウ氏.昨年は新進気鋭のトランペット&フリューゲルホーン奏者・ヒカリ氏とのデュオで息の合った演奏を聴かせてくれましたが,今回はピンで聴衆を魅了しました.演目の中から,チャールズ・ミンガスの「オレンジ・ワズ・ザ・カラー・オブ・ハー・ドレス」をお聞き下さい.エンディングに附記した「アイル・リメンバー・クリフォード」を友人の亡き奥様に捧げます.

★KC Saito – “Orange Was The Color Of Her Dress”

緑の夕べ・その55「ろくちゃんず」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2015(平成27)年8月12日(水),ろくちゃんずの演目の中から「オブラディ・オブラダ」をお聞き下さい.

★Rokuchans – “Ob-La-Di, Ob-La-Da”

緑の夕べ・その54「ザ・ジプシー」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2015(平成27)年8月9日(日),佐渡唯一のブルーグラスバンド「ザ・ジプシー」二夜連続興行の二日目!演目の中から,マンドリンの巨匠,デイヴィッド・グリスマンの「E.M.D.」をお聞き下さい.マンドリンとギターの速弾きでの掛け合いがスリル満点です.

★The Gypsy – “E.M.D.”

緑の夕べ・その53「ザ・ジプシー」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2015(平成27)年8月8日(土),佐渡唯一のブルーグラスバンド「ザ・ジプシー」二夜連続興行の初日!演目の中からジャンゴ・ラインハルトとステファン・グラッペリのシットリとしたチューン「Nuages(雲)」をお聞き下さい.半音階が効いたメロディ・ラインが,きっとおフランスを感じさせてくれることでしょう.

★The Gypsy – “Nuages”

緑の夕べ・その45「ジプシー(七浦民研の映像おまけ付き)」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2015(平成27)年4月9日(木),今季初,皆様お馴染み『ジプシー』の登場です.佐渡おけさを踊るオーストラリアからの御一行様と七浦民謡研究会の映像おまけ付きです!

演目の中から,「スワニー河」や「おおスザンナ」で知られるスティーヴン・フォスター作曲の「厳しい時代よ,もう二度と来ないで」をお聴き下さい.この曲が出来た後に南北戦争が起きるのは歴史の皮肉でしょう.厳しい時代の悲惨さをうたったこの曲を,いま改めて噛み締める必要があるかも知れません.

★The Gypsy – “Hard Times Come Again No More”

緑の夕べ・その44「KCサイトウ」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2014(平成26)年9月22日(月),秋分の日の前日にあたる今宵は,皆様お馴染み『KCサイトウ』ジャズ・ナイトをお楽しみ下さい.

演目の中から,秋の夜長にぴったりなジョゼフ・コズマ作シャンソンの名曲「枯葉」をお聴き下さい.

★KC Saito – “Les Feuilles Mortes”

緑の夕べ・その43「昭和50’s」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2014(平成26)年9月21日(日),昭和50年代の歌謡曲や1970年代の洋楽カバー・バンド『昭和フィフティーズ』の面々が初登場!ここのところ初登場ラッシュですね.

今回は洋楽の方をピックアップ,演目の中から,イーグルズの名曲「ならず者」をお聴き下さい.

★Showa Fifties – “Desperado”

緑の夕べ・その42「藤本容子 w/ Friends」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2014(平成26)年9月20日(土),佐渡が世界に誇る太鼓芸能集団「鼓童」のチャーターメンバー藤本容子女史が初登場!

今春リリースされたソロCD「やまず めぐるも」の内容を中心に,アイヌ歌謡,イタリア民謡,台湾アミ族の収穫歌,ユダヤ聖歌など幅広いジャンルの楽曲を披露,素晴らしい一夜をありがとうございました!

(★著作権の関係で今回は演目の映像はありません)

緑の夕べ・その41「ザ・ゴールデン・フォーチュンズ Feat. DR. K」


夕陽にいちばん近い宿・吾妻夕映亭海容亭が不定期で開催するロビーでのミニ・コンサート「緑の夕べ(Evening on the Green)」.2014(平成26)年9月14日(日),当館クリスマス・パーティーの演奏でもお馴染み「ゴールデン・フォーチュンズ」が,サキソフォン奏者・DR. Kをフィーチャーして知ってる曲や知らない曲の数々で観客を魅了しました.演目の中から,アントニオ・カルロス・ジョビンのボサノバの名曲「イパネマの娘」をお聞き下さい.残暑厳しい初秋の夜長に一服の清涼剤となってくれませう.

★The Golden Fortunes – “The Girl From Ipanema”