月別アーカイブ: 2009年2月

美佐渡会[MISATO-KAI]研修旅行~湯田上温泉・ホテル小柳さん


SANYO DIGITAL CAMERA

今回の美佐渡会の研修は,『新潟県旅館組合』はたまた『新潟女将の会』でも常日頃より大変お世話になっております,湯田上温泉ホテル小柳さんへ行って参りました.第一回美佐渡会研修は”外客誘致”に関する研修(長野湯田中温泉びゅうホテル),第二回目は”地産地消”に関しての研修です.前回同様,今回もお宿さんの多大なるご協力のお陰で,大変実りあるものとなりました.

この場をお借りして,ホテル小柳・野澤社長様をはじめ,田上町役場の山口様,ハウス見学を快くお引き受け下さった上に,沢山の苺まで恵んで下さいました農家の皆々様,本当にありがとうございました.

旅館さんと農家の方々との取り組み,そしてその中に仲介役として奮闘していらっしゃる役場職員の皆さん方.この【三角関係】は正に蜜月?ってなんか変な表現ですが,我々もこの楽しそうな【三角関係】を結べるよう声を発していこうと思った次第です.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(地産地消!)

欧州誘客事業団でもご一緒させていただきました,ホテル小柳・若女将の奈央ちゃん,ご案内ありがとうございました!

大空を飛ぶ日


SANYO DIGITAL CAMERA

泉田新潟県知事にお会いしに,佐渡市長を初め“佐渡に飛行機を”と夢見る各界の長(オサ)達と島民の皆様からの貴重な57,000もの署名を携え県庁へと行って参りました.道のりはこれからも長く険しいものでしょうが,諦めることなく夢を見続けていきたいものです.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑(松之山温泉・雛の宿千歳・柳さんご提供の”佐渡”!)

ヨーロッパ便は佐渡上空を飛びます.写真左上,北部山系の島の西端が写真から切れかかっているあたりが当館です.

『若旦那・若女将の遣欧使節団』フランス編


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遣欧使節団はマドリッドを後にし,パリへとやって参りました.初パリです.ヤッホー!!と浮かれている暇はございません.昼食を済ませると,すぐに今回『新潟雪国展』を開催させていただく日仏文化センターへと向かったのであります.

ここに至るまでには,いろいろなご苦労があったとお伺いしております.

そもそもの始まりは,新潟県長岡市ご出身の温泉ライター山崎まゆみさんと新潟県旅館組合青年部との出会いから… その結びつきは中越地震により一層深まったそうでございます.

そしてその縁は,『YOKOSO!JAPAN親善大使』でもある山崎さんにより,海を越え,同じく親善大使の日仏文化センター館長服部祐子さんへと繋がっていくのです.

人と人との結びつき,とびっきり素晴らしい縁のおかげで,日本からこんなに離れた,こんなところで,こんなことまで出来てしまうことを(私どもは端っこにぶら下がってくっついてきただけではありましたが)体験できて本当に幸せでございました.

ここまでの長~い道のりを,山崎さんがご自身のブログで簡潔に書いておられますので,是非ご覧下さいませ.

さて,旅館の皆様はさすが“おもてなしのプロ”でございます.準備を始めるやいなや,それぞれの“感性”を持ち寄り,パリに素敵な雪国の宿をあっという間に再現してしまいます.

午後3時,いよいよお客様をお迎えする段に…

またまたさすがおもてなしのプロ,いつものホスピタリティーを遺憾なく発揮し,パリの皆様に存分に日本の宿を,新潟の宿を味わっていただこうと動き回りました.

抹茶を出す人,お餅を焼く人,足湯ならぬ“手湯”の説明をする人,お酒を飲む人 モトイ つぐ人,記録撮影をする人と,それぞれ打ち合わせをした役割に分かれ(因みに私の役割は何故かすぐに決まってしまいました お酒担当です),あっという間の3時間でございました.

マドリッドへと導いて下さいました,新潟県観光局・坂巻健太様,パリへと導いて下さいました山崎まゆみ様,そしてとても素敵な場所を提供して下さいました服部祐子様,ご後援下さいました高原寿一様はじめ駐仏日本大使館の皆様,本当にありがとうございました.

そして「新潟の宿を世界に知ってもらおう!」と熱き思いを抱き,6日間一緒に飲んで食べて笑いあった“嗚呼我ガ戦友”に感謝,感謝でございます.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(清水さんとオルギンさん!)

佐渡相川の窯元(文平窯)ご出身でパリ在住の清水伸さんと,ご友人で画家のラファエル・オルギンさん.まさかここで元ご近所さんにお会いするとは!一時帰国の折には彼の国の最新情報をお聞かせ下さいませませ.