月別アーカイブ: 2007年1月

命のはなし


2007_0126_1909_51_1

相川商工会婦人部の講習会に参加させて頂きました.

今回の講師は佐渡西警察署署長・島田啓介様です.島田様は2004/10/23の中越地震の際,県警機動隊の隊長として活動された方です.ご本人も地震の際は長岡の御親戚のところで“夕食でも一緒に食べていかんか”と誘われているところへ突然の大きな揺れ,これは大変だと奥さんを伴いすぐに新潟へと戻り,またその足ですぐに山古志村へと飛んだそうです.

山古志村の中学校のグラウンドへ降り立った時の驚きは想像を絶するものだったそうです.もっとも,長島村長指揮の下で役場職員が寸断された道路を歩いて被害状況を把握しようと懸命に情報を集めており,島田隊長は村長の指導力と吏員の行動力にたまげたと仰っておりました.

より多くの人を避難させるべく自衛隊と協力,輸送ヘリはフル稼働.

ところがすっかり日が暮れてグラウンドへの着陸が困難となり,とうとう救出作業の打ち切り命令が出されてしまいました.

輸送はあと一回だけ.最後の機に乗れるのは20名.誰が最後の20名を選ぶのか.

長島村長は「任せて下さい.私が責任を持ちます.」と立ち上がり,グラウンドへと向かったのでした.

しかし,村長がなかなか戻ってこないので島田隊長は心配になり現場へ行ってみると,なんとグラウンドの周りは灯りで煌々と照らされていました.村の青年達が「お年寄り・女性・子供だけでも何とか今日中に避難所へ連れて行って下さい」と,工事現場に使うハロゲンライトをグラウンドに向けて照らし夜間飛行を可能にしたのです.

人間の力,人が人を思う強さ,人間ってすばらしいと改めて感じる「命のはなし」をお聞かせ頂きました.

その後島田隊長は,報道でもご存じの方も多いと思いますが,土砂崩れに巻き込まれたワゴン車の中で無念にも絶命した皆川真優ちゃんを一刻も早く遺族の元へ返してあげたいと,遺体の収容に向かいました.まだまだ安全とは言えない現場ではちょっとのミスが大惨事につながるという緊迫した中での作業だったそうです.

その作業は午前6時過ぎに始まり,ようやく真優ちゃんの亡骸を土砂の中から運び出すことができたのは午後3時23分.用意してきたお線香・お菓子・ジュースそして花が亡骸に供えられようとしたまさにそのとき,嶋田隊長は思わずこう叫んでいました.

「誰だァッこんな花束用意したのはッ」

その花はなんと“花嫁さんのブーケ”だったのです.

一人の隊員が返答します.「私であります.実は,立ち寄った長岡の生花店のご主人が『真優ちゃんに供えるんならちょっと待ってて』とこれを設えて渡して下さいました.」

花屋のご主人はお金も受け取らずに,天国で真優ちゃんが可愛らしい花嫁さんになれますようにと素敵なブーケを作ってくれたのです.隊員全員でその花束を供え合掌.隊長は暫く頭を上げることができなかったそうです.

今こうしてこの文を書いているだけでも目頭が熱くなります.人が人を思う優しさ,暖かさを実感致します.こんな素敵なおはなしをお聞かせ下さった島田署長に感謝です.

あらためて中越地震でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り致します.

若女将交友録その8・茂原史則様


SANYO DIGITAL CAMERA

JTBトラベランド社長茂原史則様にお会いして参りました.年末から続く本社移転に伴うお忙しさにもかかわらず,たんまり時間を割いて頂きました.感謝申し上げます.

以前,日本交通公社新潟支店長をされていた時のこと.「異業種交流」と言いますか,「とにかく好きな人集まれ」とでも言いますか,四六四九会 [yoroshiku_kai] という名のもと,毎年恒例忘年&新年麻雀大会を昼間っから開催しておりまして,弊社の支配人が“茂原支店長もどうやら好きらしい”という囁きをどこからともなく聞きつけお誘いしたところ,荒波をもろともせずお越し下さったという訳でございます.

この日お邪魔した時もなつかし話に花が咲き,「ところで社長,成績はどうだったんですか?」とお尋ねしますと,「暗くなってから調子出るんですよ…」と仰っておりました.気取りのないとっても素敵なお人柄,これからも永ーいお付き合いの程よろしくお願い致します!

築地界隈ぶらり旅 ~わたしゃココで生きてます~


SANYO DIGITAL CAMERA

1月23日,築地市場の場内へ行って参りました.実は「場内」は初めての体験です.

カメラぶら下げた海外の方も多くワクワクしながらの見学となりました.働く方々の“俺はココで飯食ってるぞォーッ”といわんばかりの誇りとしなやかさがたまらなく素敵でした.

『寿司大』さんは人気店らしく,ずっと行列が切れることなく続いておりました.今度来る時には私も早く来て並ぶぞと決意致しました.他にも沢山お店,食堂が並び,“わたしゃココで生きてます”の息吹が伝わってきました.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(ココで生きてます…その1)

これが噂の『吉野家一号店』.営業時間も築地スタンダードの午前5時から午後1時迄.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(ココで生きてます…その2)

これが噂の一人貨車.これに丸太のような鮪を乗せ市場内を縦横無尽に走るのであります.よく衝突事故がないものだと感心致します.まあーここでは人も自転車も車も一人貨車も走る走る,ぐずぐずしていては轢かれちゃうのです.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(ココで生きてます…その3)

ここが噂の築地大通路.鮪が行き交います.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(ココで生きてます…その4)

本日の目的地へ到着.築地で唯一おつきあいさせて頂いております『佐和久』さんです.とても良いところに店を構えていらっしゃる.流石です.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(ココで生きてます…その5)

今回はこの方にお会いすることが一番の目的でした.佐和久の若社長です.実は初対面.佐渡の小さな宿屋ですが,今後ともよろしくお願い致します.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(ココで生きてます…その6)

朝日新聞本社.築地市場の真ん前にそびえ立っております,あの社旗をはためかせつつ…

SANYO DIGITAL CAMERA↑(ココで生きてます…その7)

築地本願寺(正式には浄土真宗本願寺派本願寺築地別院というそうです)にお参りしました.気分がすっと致しました.何事にも感謝を忘れずに.

因みに我が家は浄土宗です.

以上,築地界隈ぶらり旅~わたしゃココで生きてます,でした.

泉田知事との懇談会


SANYO DIGITAL CAMERA

1月22日,『新潟県知事との懇談会』に参加させて頂きました.

 

実は一昨年も県の旅館組合主催で同じ懇談会が催されたのですが,その時は最終の船に間に合わないと急いで会場を後にしたため,残念ながらほとんどお話もできず仕舞いでした.今回はたっぷり時間もあり“佐渡軍団”の皆様と一緒にズンズンと知事めがけ押しかけたのであります.

私なにやら嬉しそうにお話しさせて頂いておりますが,「実は先月,フランス大使にお泊まり頂き,新潟県庁へいらっしゃる前日でございます,実は私,新聞を見て初めてお泊まり頂いた方がフランス大使だと気づき,本当にうっかり者でございます,…………」と一人ぺらぺらしゃべっていたのです.

事実,新聞を見て本当にびっくりしたのであります.しかもダンナが読んでいたのを逆さまに眺めていたのですが,「あっ,この方昨日ウチに泊まったわよ」とその新聞を思いっきり取り上げたのでした.

フランス大使も「佐渡は良いところです.私も好きです.観光のお客様が減ったのは残念です.」と仰って下さっております.我々がもっと佐渡を愛し佐渡の良さを広く皆様に知って頂くことが大事と痛感致しました.

猪苗代湖から望む会津磐梯山


SANYO DIGITAL CAMERA

1月21日,晴天なり.

ジェットフォイルも揺れることなく快適な船旅.私用で主人と友人,そして私の3人で猪苗代まで行って来ました.これ以上ないぞと言う日和です.思わず車を止め写真撮影です.

良い風景の中に身を置くことがどんなに気持ちの良いことか,久しぶりに実感しました.佐渡に住んでいながら,自然を眺めボーっとすることを最近してないななどと思ったのであります.

人はだから旅に出るのかな.

素敵な時間をくれた友人に感謝です.

村田文三と祖父


2007_0115_murata

佐渡が生んだ天才民謡歌手村田文三師のCDが昨年末発売されました.我々佐渡人にとっては待望の『村田文三全集』であります.

子供の頃よく母から村田文三さんの事は聞かされておりました.「後にも先にもあんな佐渡おけさは聞けやしないよ.あの節回しと声はほんとすばらしかったよ.」

残念ながら私が生まれた頃は村田さんの生歌を聴くことはできませんでした.ですから今回の企画を知り発売されたらもちろん購入するぞーと張り切っておりましたところ,なんとそのCDに私の祖父“深見小一”の名が載って居るではありませんか.あまりにも嬉しい付録付きでした.

そもそも家の祖父は,お祭り大好き,芸者さん大好き,唄も歌うし,太鼓もたたくしととにかく賑やかなことが好きだったらしく,当時佐渡鉱山に勤務されていた村田さんのところへちょくちょく遊びに行っていたようであります.ちゃっかり後ろにくっついて唄まで録音していたとは,今回のこのCDが発売されるまで実の娘である母も知らなかったとか.

兎にも角にも我が家にとって“ Surprise Present”となったのであります.ご興味のある方は是非村田さんの“佐渡おけさ”聞いてみて下さいこれは確かに一聴の価値有りです.まー,ついでに深見小一のも聞いてやって下さいませ.

村田文三全集 DISC-2
第六曲目、佐渡おけさぞめき(鉱山祭りおけさ流し)
録音年 :昭和六年
音源所有:日本ビクター蓄音器(株)
唄   :村田文三・深見小一・山田千代・菊地歌楽(鳴物入)


(歌詞)
★(村田文三 →)待つに甲斐ない今宵の雨はョ 家に居れども袖ぬらす
★(深見小一 →)嫌なお客の座敷を離れョ 丸い月見る主のそば
★(山田千代 →)思ひ出すなとゆて別れたにョ 思ひ出すよな事ばかり
★(菊地歌楽 →)嫌な嫌な座敷をこらへているもョ 春を楽しむ床の梅
★(村田文三 →)胸に胸に千駄のカヤたく夜でもョ 煙出さなきゃ人知らぬ