月別アーカイブ: 2006年10月

相小祭


SANYO DIGITAL CAMERA

10月29日今日は地元小学校の文化祭です,その名も『相小祭』

我が息子も張り切って登校いたしました.写真のなにやら怪しげな仮面を被っての出し物は相川小学校芸能クラブによる『やわらぎ』です.“やわらぎ”は,金銀山鎮護のため大久保長安が創建した大山祗神社の例祭に行われる神事芸能で、山の神の心を”なごめ””やわらげる”とともに、硬い金銀坑の”やわらかさ”を祈る金堀大工たちの祈願の唄です.また、別名「蓬莱(宝来)」ともいわれ、豊かな鉱石の採掘を祈る、鉱山の祝唄でもあります.

“蓬莱だ,蓬莱だ”と掛け声をかけながら入場し,中央にいる親方が大幣束をふり謡い,樽たたきが拍子をとり,金堀大工が道具を手にそれに唱和するのです.金山の町ならではの演目です.相川小学校の子供達はこの神事を引き継ぎたいと保存会の方から習い日々練習に励んでいるそうです.頼もしい限りです.

SANYO DIGITAL CAMERA↑(こども地方教室で培った演奏力!)

こちらの写真は4年生による演目“佐渡おけさ”です.佐渡金山のお膝元である相川地区の子供達は,小学校に上がると運動会やいろいろな行事で佐渡おけさをお踊ります.従ってほとんどの子供達がおけさ踊りはマスターしております.ただ,地方 [jikata] となるとどうもみんなとは行かないのですが,今年の4年生は地方にも挑戦しなかなかの出来栄えでした.佐渡っ子なら,おけさのひとつも唄えて,三味に笛,太鼓と集まれば,いつのまにやら佐渡おけさの輪踊りが始まるなんてーのもいいですね.かく言う私は踊りは踊れても唄ひとつうなれないのであります.残念!

今相川小学校では『佐渡金銀山世界遺産登録』運動を盛んに進めております.相小祭の演目の締めには6年生による佐渡鉱山の歴史研究の発表がありました.こちらもとても興味深い内容でしっかりした発表でした.此は我々大人もおちおちしていられないなーと感じた次第です.
佐渡の歴史,文化,芸能を守っていこうという先生方と子供達の堅い意思を感じとても有意義な一日でした.感謝.

若女将交友録その7・カトリーヌ・ディディエ様


SANYO DIGITAL CAMERA

カトリーヌ・ディディエ様とお嬢様お二人にお泊まり頂きました.ディディエさんは南フランス出身,日本においでになるまではジュネーブに住んでいらしたとか.いずれにしろ私にとってはまだ見ぬ憧れの地といったところでございます.

ディディエさんご家族は大変佐渡を満喫されており,昼は観光で小木へ行ったり,砂金を取ったりと楽しんで来られたご様子.夜は夜で,おけさ踊りの講習会に参加され一緒に踊っていらっしゃいました.

「カラオケはありますか?」と問われスナックへご案内すると今度は「フランスの歌はありますか?」と聞かれ「多分ミッシェル・ポルナレフはあるかも…」と言いかけたところで「Oui,ありましたありましたイブ・モンタン…」

とにもかくにも楽しみ方がとても上手なのであります.

お帰りの朝,庭でご一緒に写真を撮らせて頂きました.とても素敵な3人の隣でとてもザ・ジャパニーズな二人は私とその息子でございます.

お帰りの際“佐渡はとてもいいところです”とおっしゃって下さいました.今度は鼓童を見にいらっしゃるそうです.またお会いできる日を楽しみにしております.(帰りしなディディエさんから教わりました俄かフランセで)オー・ルヴォワール(Au revoir),メルスィー・ボークー(Merci beaucoup)!

大浦祭り


SANYO DIGITAL CAMERA

村の鎮守の神様の今日は楽しいお祭りだ♪♪ドンドンヒャララドンヒャララ♪♪

ということで10月18日は「大浦のお祭り」です.地元の青年団が獅子舞を踊り太鼓をたたき家内安全・無病息災・五穀豊穣・夫婦円満?子孫繁栄??等々沢山の思いを込め,門付けして回ります.子供らも下破 [sagariha]や舞を披露します.何とも健気でついついご祝儀もはずんでしまいます.

それぞれ家々ではごっつおぉー〔=御馳走〕を作って友人を招き延々と飲み続けるのです.春祭り・夏祭り・秋祭りと佐渡はお祭り好きの島で,のんべーにはもってこいの島なのです.

2006_1018_1432_44_1↑(子供御輿)

小学3年生の長男も子供御輿に参加しました.母も一緒に担ぎ翌日は筋肉痛トホホ

若女将交友録その6・平原匡様


2006_1010_0914_34_1

10月9日NPO法人国際技能振興財団の平原匡様のお母様と叔母様にお泊まり頂きました.叔母様バーバラさんはカリフォルニアからの御来島です.佐渡へは3度目で,佐渡おけさがお好きとか.当館で毎晩やっております民謡公演も堪能されたご様子です.

そもそも平原さんご夫妻とは“沢根祭り”で知り合ったのでありますが,その時は何をなさっているのかも存じ上げず,ただただ一緒に飲んでいたような気が致します.後日色々活動内容をお伺いし恐れ入ったのであります.

平原匡(ひらはらまさし)さんのプロフィール
日本建築の伝統を受け継ぐ建築技能者・技術者を支援し育成することを目的として設
立されたNPO[財団法人国際技能振興財団」の平原匡さんは,佐渡の建築物に魅了
され移住してきた28歳の若き支局長さんです.

佐渡百選慶宮寺


2006_1009_1125_10_1

10月9日台風一過秋晴れの爽やかな日に友人に「佐渡百選のポスターに載っているあの紅葉のきれいなお寺へ行きたい」と誘われ,女二人カメラ片手に慶宮寺 [keikuu_ji]へと向かったのであります.実は佐渡人でありながら私も初めての来訪であります.

無事慶宮寺へ到着したのはいいのですが,あのポスターの石段がない.2人キョロキョロしておりましたら,そこへ運転手さんらしき人が通りかかったので,

友人    「ここは慶宮寺さんですか?」
運転手さん 「そうだ慶宮寺だ」
友人    「他に同じ名前のお寺さんはないですか?」
運転手さん 「ねぇーなぁー」
友人    「このお寺に石段はありますか?」
運転手さん 「ねぇーなぁー でもちょっと待っとってな」

とバスまで何かを取りに戻られ,お渡し頂いたのが『佐渡七福神古寺巡礼』のリーフレットです(そのリーフレットは以下に掲載しました).“佐渡の方は親切ですね”とお客様によく言われますが,実感致しました.何気なく声をかけただけなのに運転手さん(お名前も伺わず無礼をしてしましました)本当に有り難うございました.

ところで,石段は何処に?ご安心下さいちゃんとありました.田んぼと境内の間に何とも気持ちの良い懐かしい空間が広がっており,誘われるがままにその小道を行くと,ありましたありました念願のポスターに写っていた石段です.まだ紅葉には早かったのですが,緑が陽に映えこれまた美しい.今度は是非葉が赤く染まる頃にまた訪れようと思いました.

keikuuji↑(佐渡七福神事務局発行リーフレット)

今度訪ねてみようと思っておりまする