交友録」カテゴリーアーカイブ

祭りの後で後の祭り^_^;


車の流れに逆らいつつ会場の北沢浮遊選鉱場に向かう我...

案の定祭りの後.ライトアップされた遺跡をバックに狩野さんとせめてものツーショット.“今日のすっごく良かったのになんだ見てないのぉ?”と言われ残念さが募ってしまうのでございます 😂

因果な商売ではありますでもお勧めしたお客様は楽しまれた様子ですしそれが私の幸せと自分を慰める訳でありましてトホホ

兎にも角にも大いに盛り上り大成功に終わった金銀山世界遺産登録応援ライブ.あさって31日はいよいよ待ちに待った国内推薦発表の日.

この勢いで一気に頂いちゃいましょう!

【参照】文化審議会世界文化遺産部会(第4回)の開催について

若女将交友録その47・アラステア・コールドウェル様ご夫妻


なんとつい最近までマクラーレンのオーナーだったそうです。今回はラリーラウンド、クラシックカーに乗り日本縦断の途中で、佐渡へ総勢140名様でいらして下さいました。

ありがとうございましたぁ😊

本当に楽しい楽しい3日間でございました❣️

若女将交友録その46・萩尾みどり様 w/ 萩尾紅子様


2016_0524_0741_45_2

now working on it…

【番組ホームページより抜粋】
http://www.bs4.jp/3days_trip/

★イチオシ!2泊3日の旅

TeNY・2016年6月18日(土)10時30分放送予定
BS日テレ・2016年6月23日(木)20時00分放送予定

今回は、女優・萩尾みどり姉妹が爽やかな初夏の風が旅情を誘う、新潟・佐渡島を旅します。

旅のスタートは新潟・直江津。ここからフェリーで佐渡・小木港へ・・

宿根木は古くから船乗りや船大工が暮らした町。かつての廻船問屋に入った2人は、当時の暮らしの知恵に驚きの連続。

小木海岸ではサザエやアワビ漁に使われてきた“たらい舟”に乗って大はしゃぎでした。

その後、蔵元に立ち寄り日本酒造りを体験し、宿では佐渡の近海で獲れた新鮮な魚介や石の上で焼く佐渡牛に舌鼓・・

そして、今でも歴史情緒を感じる佐渡金山の散策や美しい尖閣湾で船の遊覧、さらにトキに大接近できる公園を訪ねた2人は大満足・・

初夏の佐渡島を巡る2泊3日の旅。これからベストシーズンを迎えます。

若女将交友録その44・二階堂パサナ様


2015_1201_1002_14_1

越後湯沢から二階堂パサナ様にお越し頂きました.

タイご出身ではありますが,日本に暮らして20数年,湯沢に嫁いで10数年!

流暢な日本語と明るく元気にどこへでも誰とでもすぐに打ち解けお友達になれる天賦の才を生かし人気のブロガーとして日本へのインバウンドのお客様を増やすべく各観光関係者からとても頼りにされている存在なのでございます.

いままでも佐渡へ幾度となくお越しになったそうですが,今回はさらなる試みを,ということで来島の運びと相成ったわけでございました.

若女将交友録その43・華千代様


2015_0923_2136_59_2

「佐渡であいましょう・わくわくばらえてぃつあ〜」で大道芸人の華千代様が来島,当館にもお出でになり見事なアクロバット芸を披露して下さいました.

華千代様はおととしから毎年6月のカンゾウ祭りや羽茂祭り,9月のハローブックスイベントでもパフォーマンスを繰り広げておられます.

今回はアース・セレブレーションのプログラム広告出稿でお世話になっております鼓童の根岸様にご紹介頂き,当館での興行実現の運びと相成りました.

学生時代から体操一筋15年,なんと国体で準優勝の経験がおありとか.ベリー・ベリー・プロフェッショナルな芸をご覧になった当館のお客様も大喜び!お友達の笛太鼓の演奏で会場は更に盛り上がっておりました.

★ブログ「ちよに咲く華」
http://ameblo.jp/kkgirl94/

若女将交友録その42・ヴァンダ・ベネス様


2014_1021_1026_34_2

知人の紹介でフランスよりヴァンダ・ベネス様にお越し頂きました.朗読劇にご出演のため来日されたそうです.

鼓童太鼓体験館と宿根木へご案内いたしました.タイトなスケジュールでしたので見学時間は短かったのですが,体験館の皆様には急な訪問にもかかわらず楽しく“たたこう”体験をさせて頂けたうえ,宿根木も散策できました.本当に有り難うございました.

そして何よりも車中でのお話がとても心地よく,なんて素敵な方なのだろうかと,以前からのお友達に久しぶりに再会して話が弾んだというようなとても幸せな気持ちでございました.

遠い昔かれこれ30年前になりますが,お恥ずかしながら私演劇の道を志したことがございました.

その時何度も言われた言葉があります.“心を開きなさい”

当時はなかなかその意味が理解できずにおりましたし,今でもまだ理解が足りないかも知れません.

でも,ヴァンダさんにお会いして “あっ,こういうことだったのか” と妙に腑に落ちる瞬間が幾度となくございました.

穏やかでしなやかでそれでいて力強く,優しさにあふれる本当に素敵な方でございました.

気付くのに30年はちょっと長すぎますけどね.

別れ際,佐渡汽船の待合室で “お好きなのをどうぞ” と,ブルターニュ地方サン=ブリューの昔の生活や風景を描いた絵葉書を下さり,そんなさりげないお心遣いにも感激した次第でございます.

“またお会いしましょう” とお別れいたしました.

実に気持ちのよい一日でありました.