その他」カテゴリーアーカイブ

タイからのお客様


タイの3chでご活躍のレポーター様に起こし頂きました。ご一緒にいらしておられた会社の皆様の密着取材といった感じでしょうか。

皆様にどうしてもおけさ踊りをお見せしたいという事で吾妻での会食と相成りました。お貸しした浴衣が大変お似合いで、お楽しみいただけた事が何よもの喜びで御座いましす。皆様、ありがとうございました。

令和を迎えドナルド・キーンさんを偲ぶ


今年もお年賀を頂戴し、毎年ご様子を窺い知る事ができ安心しておりました。2月の突然の訃報は本当に悲しいお知らせでした。

ドナルド・キーン様にご宿泊頂きましたのは平成21年の事でございました。以来毎年葉書の中の元気なお姿を拝見しておりました。

GHQの通訳として再度日本を訪れた時、その目に日本はどのように写っていたのでしょうか。

我々日本人は新天皇陛下、皇后陛下のもと令和の世を生きていきます。お言葉にもございました世界の平和を願うお気持ちは、過去の悲しい戦争を思えばこそです。

この機会に私もいま歴史から学ぶ事が大事だと感じております。先ずはサインを頂いた『明治天皇』を再読してみようと思います。記憶は薄いのですが、確か“日本人作家の日記から見られる戦争思想”の様な感じでした。なるほど面白い視点だなと思いながら拝読致しました。文藝春秋に寄稿されていたものだったと思います。こちらも探して読み返してみたいものです。

ドナルドさんは能、文楽、歌舞伎など日本の文化芸能にも造詣が深く、佐渡はこれら全てが現在も島民によって受け継がれて居ります。来島も薪能公演の折の事でした。その時ドナルドさんの「私は、佐渡ヶ島が大好きでぇす。」のお言葉が忘れられません。

ご冥福をお祈り致します。

ご宿泊頂いた際の拙ブログ下記に御座います。そちらもご覧くださいませ。

http://azuma.jpn.com/blog/waka/?p=595

Sadcos日和


4月13日と14日に『sadocos』イベントがありました。私は通常衣装であります!コスプレイヤーの皆様吾妻の庭でも沢山撮影頂いききっと発信して頂いているはず!見つけた皆様は“いいね”やらシェアなどしていただけましたら幸いでございます。

シンガポールの愉快な仲間


佐渡ヶ島二泊三日の旅、旅立ちの日名残を惜しみ撮影会と相成りました。我らがえっちゃんは朝のロビーにておけさ踊り講習を行い、シンガポールのマリーさんからはではダンスを教えて上げますよと、えっちゃん流石!昔取った杵柄であります。相川町にかつてあったダンスホール通ひが今いかされています⁉️皆様から拍手のあらし、ちとオーバーでありますが、誠に愉快な皆様で、おもてなしした筈の私たちがすっかり楽しませて頂きました。シンガポールからようこそ佐渡ヶ島へありがとうございました!また必ず来ますのお言葉とたくさんのハグと楽しい想い出を残され旅だたれました。See you again !!佐渡ヶ島

版画甲子園表彰式


3月18日から3日間佐渡で全国から集まった14校が熱闘を繰り広げた版画甲子園が21日の表彰式をもって無事閉幕となりました。選考にあたって審査委員長は、「今回も選考には苦しみました。いずれも力作揃いである事、この度は私達選考委員が選んだものであり、違う人が選考委員であったならば、別の作品が選ばれていたかもしれません。取材日を入れて3日間という短時間でここまでの作品を仕上げる事の凄さ、まして3人チームで取り組まなければならない事の難しさ、この経験は皆様にとって賞を取る取らないには関係ない何物にも代え難い蓄えとなります。」と素敵な言葉を頂きました。

全国から佐渡へ集った皆様が、どんな風に佐渡を見て、感じ、味わってくださったのか、高校生活の大切な思い出となり、大人になった時またこの佐渡の風景を思い出して頂けるのか。そんな事を思いながら閉会式に出席させて頂きました。第1回目から参加されていた島根県の先生は今年で最後の参加です。との事でしたが、今後も何かのかたちで佐渡とは繋がっていきたいとこれまた素敵な言葉を頂き、私達お迎えする佐渡人として本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

19回を数え、来年は20回の節目を迎えます。今までもこれからも版画甲子園に関わって行きたいと強く思った次第です。

佐渡國相川ひなまつり


今年も始まりました。佐渡國相川ひなまつりの幕開けです。昨年に引き続き開会式の司会を承りました。相川小学校、相川幼稚園、保育園の皆さまにはお歌と相川音頭のご披露を頂き賑々しく始まりました!今年は開会式前からお客様にお越し頂き嬉しいことでございます。本日土曜日もそぞろ歩き日和です。皆さま相川へお出かけ下さいませ。尚、吾妻は只今リオープンに向けリニューアル追込みにかかっております。3月15日には生まれ変わりました吾妻をご披露致します。是非是非お越し下さいませ。お待ちしております。

恒例庭仕事


今年の庭仕事はいつもより一ヶ月以上早く取り掛かっております。2月23日にしてこの晴天、波頭はきらめき麗らかな午後でございます。吾妻はリオープンに向け作業は佳境に入ってきております。間も無くですこんなスンバラシイ景色をお見せできるのは!皆さま心温かいおもてなしと素敵な景色とうんまーいお食事をご用意しておまちしております。因みに写真に小っちゃく写っております作業隊が、日頃は白衣を見に纏包丁片手に華麗に料理をしております吾妻が誇る板さん隊であります。流石職人!鋸に持ち替えても様になっております。

只今、絶賛改装中


只今、吾妻は綺麗に生まれ変わるべく外壁塗装大浴場内のお化粧直し部屋内の改修修繕を行っております。我々スタッフも参加し、自分たちの心も気持ちも込め楽しく修繕作業に参加しております。そんな吾妻のリオープンは3月15日でございます。綺麗になり更にパワーアップした『佐渡リゾートホテル吾妻』でスタッフ一同皆様をお待ちしております!

佐渡の海上にて


9月半ばの佐渡の海は爽やかな風が吹き抜けて行きます。そんな日はシーカヤックに乗り、漕ぎ出してみませんか。

ひと漕ぎふた漕ぎ岸がどんどん遠くなる。海にゆらゆら身を任せ、雲を眺める。

なんと贅沢な時間

最近こんな気持ち忘れてたかも…

息子のサークル仲間が昨年に引き続き今年もやって来てくれました。

昨年は地引網体験、今年は縁を結んで頂いた神奈川からご家族でIターンされた『アウトドア スタイル』の土屋さんにお願いし、シーカヤック体験と相成りました。

Iなんと転覆者ありにつき、皆んなで結局泳いじゃいました!“あっ!俺着替え畳んで用意してそのまま部屋に置いてきた〜〜!”と言いながら海へ突進して行きました。若いっていい‼︎とおばさんは目を細めるのであります。宿に戻り彼らは夕陽と何故か海の生物と花火と星空を楽しんだとさ、おしまい!

レストランバスは佐渡を走る


レストランバスが昨年に続き今年も佐渡へやって来た➖❗️

今年はクラブツーリズムツアーとの初コラボであります。先ずは佐渡金山と北沢浮遊選鉱場観光から佐渡のレストランバスの始まりです。今回は吾妻を皮切りに佐渡島内を4日間美味しい佐渡味覚を提供しながら走り抜けます。総料理長自ら乗り込み下準備始まる。気分も盛り上がるぅ!大好きな時間です。子供の頃よりよく厨房に入り込み板前さんの横にちょこっと座り美味しいものが出来上がっていく様を見ていました。なんとも言えない大切な時間です。なんちゃって、大切な時間であるのは間違いありませぬが、なかなかバス内だけではおさまらない下拵え時間という事で吾妻の厨房でじっくり作り込まれたお料理をお楽しみ下さい。

本日の前菜

麹屋の麹を10時間かけて出来上がった甘酒のゼリー寄せ

バイ貝の白和え(あたり胡麻とやさしく酢を利かせました)

牡蠣の有馬煮(有馬山椒をぴりりと利かせ炊きました)

のど黒塩焼き(一口だからこそ際立つうま味)

満月卵(半熟玉子の上にはほんのり醤油漬けイクラをのせて)

茗荷寿司(お野菜寿司は板長の定番色合いも優しい体にもやさしいお寿司)

さつま芋レモン煮(さつま芋は丸十と説明せごどんの故郷薩摩藩のしるし)

シートは畳調で和のテイスト窓には乾杯と書かれた提灯がぶら下げられています。テーブルにはボトル置き、ワイングラスおき、お猪口入れ

と其々場所がきまっています。

楽しい旅の始まりです。なんとルーフを開けるのは力仕事❗️水津漁港では朝獲れた魚を見学、それらを使ったアヒージョと佐渡の酒の振る舞い!

お客様なななんと毛蟹お買い上げでーす。「この一箱全部頂戴」ときっぷがよい奥様でありました。なんとタイミングの良い事でしょう!打ち合わせ無しながら、とれたての毛ガニを見てきた後には、毛ガニと鯛の霙和え蟹味噌添えでお楽しみくださいませ!

この後も勿論、旅は続きました。

写真をお載せできないにはちょっとわけがございます。私が写真を撮る心の余裕がなくなりまして…

事件です!メインの佐渡牛🐂野菜射込みがお出しできませーん‼︎

オーブンが動かな〜〜い⁉︎ツマミひねれどもウンともスンとも申さぬオーブン

どうするこの事態と助け船を出してくれたのは佐渡島内でレストランバスの手配やらなんらや調整役をされている関根さん

「鯖棒鮨がありますよね、そちらを出して訳をお話ししお詫びしましょう」と促してくれ

冷や汗💦カキカキ乗り越えた次第であります。勿論佐渡牛は皆様の夕食にお出しし事なきを得ました。

と色々アクシデントあり、まさかの板前さんの車酔いありと初めてのレステランバスは大成功のうちに皆様の助けをお借りしつつ終了致しました。

1日お客様とご一緒するこのツアーに参加させて頂き得るものの多さ大きさ暖かさを知りました。本当にありがとうございました。